ニキビとケミカルピーリング

SHARE

ニキビとケミカルピーリング

ニキビやニキビ跡にケミカルピーリングは効果的

ケミカルピーリングはピーリングという言葉からも明らかなように、その作用機序は角質剥離によるターンオーバーの促進と言われている。ケミカルピーリングによって毛包の角化を除去して皮膚の改善をはかれることかtら、ニキビとニキビ跡に非常に効果的とされていて、臨床報告も多くあります。

2004年に日本皮膚医学会はケミカルピーリングガイドラインとして、ピーリングの適用を示しました。高い適応のある疾患としてニキビが挙げられていて、適応のある疾患として炎症後色素沈着、肝斑などが適用の可能性を検討すべき疾患として挙げられています。

チェックポイント

  1. ニキビ治療としてのケミカルピーリングは皮膚の最浅層に作用するジェスナー液やグリコール酸、乳酸のAHA酸が適切で、この中でも一番AHA酸が市販薬でも使用されています。
  2. AHA酸のケミカルピーリングでもフロストなどの皮膚の剥離がみられることがあり、施術中の経過観察をしっかりと行う必要があります。
  3. 最浅層レベルのケミカルピーリングの作用機序としては、従来までは表皮角質層の剥離が考えられていたが、むしろ真皮に直接働きかける可能性が高いとして考えらています。

ケミカルピーリングの適応

  1. 高い適応のある疾患:尋常性座しょう(ニキビ)
  2. 適応のある疾患:炎症後色素沈着、肝斑、日光性色素斑
  3. 適応の可能性を検討すべき疾患:脂漏性角化症、しわ、クロコルドン

ケミカルピーリングの副作用

ケミカルピーリングによる副作用は、施術後の感染症や、点状出血、色素沈着、色素脱失、瘢痕形成などが代表的である。

1感染症

感染症には、黄色ブドウ球菌や単純ヘルペスウィルス、カンジタによるものがある、原因感染症に対する適切な治療が必要である。

2点状出血

点状出血は目周辺の施術の際にみられて、日光性老化をきたした皮膚への施術などで出現するケースがある。

3色素沈着

色素沈着は日本人において、生じやすい副作用である。施術前に「傷の痕に、色が残ったりしませんでしたか?」などという問診を実施することが大切であるが、施述語の日光照射は最も避けるべき予防法です。したがってピーリング期間中及び終了後2ヶ月間は外出の時にはしっかりと日焼け止めを行うことが大切です。もしも色素沈着が発生したとこには1ヶ月〜2ヶ月くらいは経過観察をして、その後ハイドロキノンなどの外用薬を使用する。

4瘢痕形成

瘢痕形成は、ケロイド体質の患者さんやピーリング後に感染症を起こした患者さんがなるケースが多いです。事前にしっかりと問診をしてもらいましょう。もし施術後に感染をきたした場合は、早い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です