化粧品を選ぶときの注意点をまとめてみました。

SHARE

化粧品を選ぶときの注意点をまとめてみました。

良い化粧品と悪い化粧品

良い化粧品と悪い化粧品、というものは基本的にはありません。自分の肌と自分のニーズに合うかどうかで全てが決まってきます。洋服と同じ感覚で、自分の好みの服が自分のスタイルにぴったり合うかどうかと同じ。

もちろん高級な化粧品とそうでないものはありますが、誰しもが高級なものを求める必要はありません。高級な洋服でなくてもよくに合うということはありますよね。笑

肌が弱い人は要注意

肌が弱い人は自分にあった化粧品選びが必要です。例えば敏感肌の人はナイロン製の下着がつけられなくて、綿かシルクしかきれないというのがありますよね。

その場合は多少選択肢の幅が狭くなっても仕方ありませんが、アレルギーでもないのに無添加化粧品出ないといけないと思い込んでいるのは、もったいないです。

化粧品選びは洋服選びの感覚で良い

洋服選びと同様に、化粧品選びも同じ感覚で選んでOKです。美容ですので基本的には個人の自由で問題ありません。ブランド思考もあり、個性派思考もあり、数種類のメーカーのものを取り混ぜて使うこともいいです。香料が入っていてもかぶれなけでば別に構わないのです。

自分が好きな化粧品をつかうこと、自分の好きな匂いが入っている化粧品を使うことでリラックス効果が齎せられるので、問題ありません。

自分に合わないと思った時は気をつけましょう

洋服も初めはいいな、と思っていても実際きてみたり長期間きてみて「あれ?なんか変」っと思うことってありませんか?化粧品も長く使っていくうちに肌の調子があまりよくないと感じることもありますよね。その場合はすぐに違う化粧品にしましょう。自分にあっていない証拠です。

よく「一時的に悪くなっただけで後から良くなる」と思って使い続ける人がいますが、それは間違い。。。すぐに使用をやめましょう。さらに悪化してシミができる可能性が高いです。

買い換えるときはサンプル品やトライアルセットを試す

実際に他の新しい化粧品に買い換えるときはサンプルやトライアルセットを試した方がいいです。またその化粧品が保湿か美白かアンチエイジング、どの効果を期待しているのかしっかりと目的意識を持って選ぶことも大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です