薬用デニーロの使い方や使うタイミング

薬用デニーロ

SHARE

薬用デニーロの使い方や使うタイミング

化粧品は正しい使い方をしなければ意味がない。

薬用デニーロを買ったはいいが、使い方がわからない人たちに対して、正しい薬用デニーロの使い方を解説しようと思います。

薬用デニーロの使用量

薬用デニーロの1回の使用量はパール大くらいが適切な量です。

大量につけてもあまり効果は変わりませんので、まんべんなく、適切な量をつけましょう。

塗る時は優しく、丁寧に

薬用デニーロを顔に塗る際は、摩擦が起きないように塗りましょう。

一番適切な方法は、薬用デニーロを手のひらにまんべんなく塗って、それを顔にポンポンっと優しく叩いて、摩擦が起きないように載せる方法がベストです。

肌はみなさんが思っている以上に皮膚(角質層)は傷がつきやすく、敏感なのです。

1ヶ月に1本使い切る

薬用デニーロはどんな肌質の人にもマッチするために、添加物や防腐剤が入っていません。

防腐剤が入っていないので薬用デニーロは腐ります。1ヶ月程度であれば全く問題ありませんが、2ヶ月に渡って使うのはNGです。

腐った(厳密には酸化した)薬用デニーロを顔に塗れば肌荒れ・ニキビの原因にもなるので本末転倒です。

しっかりと使用期限を守って使いましょう。

正しい洗顔はできていますか?

正しい洗顔ができていないといくら薬用デニーロを使っても肌荒れが改善されない可能性は大いにあります。

薬用デニーロでニキビケアを始めるタイミングで、しっかり正しい洗顔方法もマスターしておきましょう。

洗顔料はさっぱり系を選ぶ

洗顔料は乾燥するからしっとり系を選ぶ人が多いかと思いますが、これは間違いです。

しっとりする感じは、洗顔した後に油分が肌に張り付いているためしっとりした感じがあるのです。なので肌が潤うこととは全く別の状態です。

この油分が毛穴を詰まらせ、ニキビを作る原因となるのでさっぱり系の洗顔料を選びましょう。

ゴシゴシ洗わない。

さっぱりタイプを選んだら次は洗い方です。

メンズあるあるですが、ゴシゴシは絶対NGです。泡を表面に塗る感じで十分肌の汚れは落ちます。

手のひらでは洗わないでください。

洗顔時間は1分以内

洗顔は1分以内に終わらせましょう。肌は弱酸性ですが、洗顔後はアルカリ性になります。

少しでも影響が出ないようにできれば30秒以内に終わらせられたら最高です。

洗顔料が必要な皮脂まで落として乾燥する原因となりますので、ささっと終わらせましょう。

まとめ

  1. 薬用デニーロはパール大で十分。
  2. 優しく、丁寧に洗う。
  3. さっぱりタイプの洗顔料を使う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です